• 邪馬壹国・九州王朝・関東王朝

      4 comments

    邪馬台国」論争は昔から有名で、九州にあったか近畿にあったか、はたまた海外だったか様々な仮説が出ては消え出ては消えして今に至っている。「婚姻の歴史を考える」を書いた際、魏志倭人伝についても簡単に調べたのだが、古田武彦氏の論によって、積年の疑問が解決したのでここにまとめておきたい。

    魏志倭人伝における従来の解釈に関する疑問は次の通り。

    • 版本では「邪馬壹國(=邪馬一国)」とあるものを何故「邪馬臺國(=邪馬台国)」の誤字だとするのか?
    • 版本では「一大國」とあるものが、何故「一支國」の誤字だとするのか?
    • 何故「水行十日、陸行一月」を全行程に要する日数だと解釈しないのか?
    • 版本では「壹与」とある女王の名前を何故「臺与」の誤りだとするのか?

    大学生の頃も「そりゃ君決まってるよ」とは言うものの、何故を説明できた先生はいなかった。歴史学とは随分胡散臭い学問だと思ったものである。それが今回、古田氏の論文を読んで氷解したのである。つまり、

    • 「邪馬壹國(=邪馬一国)」が正しい。
    • 「一大國」が正しい。
    • 「水行十日、陸行一月」は全行程に要する日数だった
    • 「壹与」が正しい。

    古田氏は、他にも様々な論証を加え、邪馬壹國が博多湾岸にあったことを結論づけている。加えて氏は、この王朝が「漢書」地理志に現れる「倭人」と繋がっており、「隋書」東夷伝の記事、『大業三年,其王多利思比孤遣使朝貢。使者曰:「聞海西菩薩天子重興佛法,故遣朝拜,兼沙門數十人來學佛法。」其國書曰「日出處天子致書日沒處天子無恙」云云』で有名な「多利思比孤」も九州王朝の王であったとしている。そして、「旧唐書」で「倭国」条と「日本」条が別になっているのは、「倭国」が九州王朝、「日本」が近畿天皇王朝であるとする。誠に慧眼であり、我意を得た思いである。

    畢竟、従来すべての議論は「王といえば近畿天皇家しかありえない」という臆断から出発していたため、不必要な議論が重なってきたのが事実なのだ。何も近畿天皇家だけが王であったとする意味も必要もない。九州に繁栄した正当な王朝があっていけない理由はなく、また存在しなければおかしい遺跡が存在するのであるから、素直にそう考えればよいのである。後世九州にあって天皇政権に属さない部族を「熊襲」や「隼人」と言ったが、彼らが衰微したその九州王朝の末裔であり、だからこそ近畿天皇家に下ることをよしとせず頑固に抵抗し続けたと考えて何の不思議があろう。逆に「蝦夷」とよばれてやはり近畿天皇家にしつこくしつこく抵抗した部族が関東から東北にかけてあったことを考えれば、関東王朝があってもよいとすら考える。(古田氏稲荷山古墳出土の鉄剣銘を関東王朝存在の証であると主張している。私も同感である)

    邪馬台国論争は江戸時代から続く非常に「歴史的」な問題であるが、たったひとつの理由のない臆断によって、これほどの長時間と多大な労力が無駄に費やされてきたことを考えると、学者の言う「科学的」とか「実証的」とかいう論がいかに怪しいものであるかをこの問題は示している、まさに好例と言えるであろう。

    Post to Twitter Post to Digg Post to Facebook Post to LinkedIn Post to Reddit

    •  三世紀の日本列島には多元的世界が拡がっていたのではないのか、というのは常識人で少し歴史をやれば、浮かぶものでもある。但し、それを広言したのが古田氏であることは確かである。また、改竄問題を取り上げたことも正しい。但し、」問題は、その他の論である。
       *邪馬壹國を改竄する必要はないが、当時の壹は一ではない。
       邪馬一国は改竄となる。自ら、改竄の罪を犯している。
       *「水行十日、陸行一月」は全行程に要する日数ではない。
       *「壹与」が正しいなどの問題はおまけ論である。

       これ以外でも、良い視点もあるが、魏志倭人伝の解釈には独善てきな誤訳
       が古田氏の論は多い。
       それに、九州王朝を極端に強調したことは問題がある。多元的に考えれば、三世紀から五世紀には、文化の差はあったにしても、日本各地、出雲や丹後、滋賀、但馬、河内、尾張などの王朝などとは言えないが、酋長を中心とした地域集団は存在した。その連合過程がスポイルされてしまった。
       
       九州説で古田氏の狂信的な一部の人達などにより、排他性などから九州説が混迷し大和説を利すという罪もある。
       いずれにしても、彼の独善性と、彼を信奉した人たちにより邪馬台国論争は
      混迷したのも事実だ。
       願うのは、古田氏の論も冷静に批判もできることも重要だ。
       それが歴史学を健全にする。

       

      • 古田氏の論で問題がある点の代表は、「短里」問題と「戦中使者」問題(版本に景初二年とある点を正しいとする説)、方四千里解釈、対馬、壱岐の旅程における解釈でしょうか。
        いずれも強弁が過ぎて論証というには問題があると思います。邪馬壹國は音を移した国名ですので、一としたのは勇み足程度と私は思っているのですが。
        その他の点については、ご紹介頂いた著作を拝読してから考えたいと思います。

        ただ王朝論という意味では、九州が頭一つ飛び出ていたのではないでしょうか。後の大勢力は今のところ、出雲、大和、関東、津軽かと。他は王朝を称する規模まで拡大できなかったと思います。いずれにせよ、全国様々な場所から色々な遺物が発掘されているのに、現在の歴史学会は全部皇国史観でヤマト中心にしか捉えようとしないわけで、学問の呈をなしていません。邪馬台国論争も、ご存じのように彼らが拠っている大和説の典拠は、新井白石を嚆矢としますが(白石自体は後に九州説に変えた)、それが延々と国学者に教授されてきて今に至るわけで、大方の九州説も本家はヤマト王権と考えている点では同じ穴の狢です。師の教えを墨守しているという点では可愛い弟子たちなのかも知れませんが、科学者の態度ではありませんよね。

        古田氏の業績は、九州王朝こそが倭であり、当時の日本を代表する勢力だったと主張した点が最大で、その後、古田学会と称する内輪の議論に籠もってしまったのは、氏が歴史で果たすべき役割が終了したということなんでしょう。

    • 失礼なコメントを差し上げたかもしれません。私以上に、あなた様は、現在までの古代日本歴史学分野や古田氏の良さや問題点を理解しているようです。
       古代歴史学では、学者も古田氏も文学と思っているような感があります。
       当方は工学部出で、その後、売れない歴史関係の作品を書いていますが、
      古代歴史学は、科学性や論理性が無いと、嘆き、先の紹介本を出版しました。(出版者には売れていないとぶつぶつ、言われていますが。笑い。)
       いずれにしても、あなた様の視点や取り組みは他も読んで、客観的で素晴らしいものがあると思っています。
                      敬具

    Write a comment

    コメントを投稿するにはログインしてください。
Top