• 日本の古代史を考える—補足2「新唐書」

      0 comments

    新唐書』は、明らかに『日本書紀』を参照しているし、『新唐書』が書かれた頃には「倭」は「日本」に併呑されて随分経っているから、もういいやと思っていたのですが、一応目だけは通しておくかと思って東夷伝日本条を眺めていたら、意外な表現に出会いました。

    次用明亦曰目多利思比孤直隋開皇末始與中國通

    次は用明である。また多利思比孤の属官であったとも伝える。開皇の末に初めて中国と直接通交した。

    元々「日本」は「倭」の属国で、「開皇の末」ということはまさに六世紀末葉に「初めて」中国に使いを遣わせたとあります。『新唐書』の編纂者はもちろん「倭」が遠く三国志の「」の頃から「」に至るまで延々と中国に朝貢してきたことは知っていたので、「日本」=大和朝廷が「倭」ではないことをはっきり示しているのです。びっくりだ。

    Post to Twitter Post to Digg Post to Facebook Post to LinkedIn Post to Reddit

    Write a comment

    コメントを投稿するにはログインしてください。
Top