• 歴史を捏造する中国と韓国

      3 comments

    ほとんど覚え書きだが、忘れないうちにメモ。

    まずは中華人民共和国。代表は「南京大虐殺」。私は、本多勝一『中国の旅』も読んだが、南京大虐殺に関する部分はすべて本人証言だけで構成されており、悪意を以て日本を貶めようとした書であると断定する。この本は中国の南京大虐殺プロパガンダの引き金となった本であり、これだけで朝日新聞社は日本国民に対して謝罪と賠償を行った上で、国際社会に対して弁明を行う責任があるが、知らん顔をしている。さすが、日本を第二次世界大戦へ大衆を煽り駆り立て戦意を高揚させておきながら、GHQ のお咎めを受けることを畏れて軍部に全責任をなすりつけた無責任新聞社だけある。

    「南京大虐殺」がなかったことの証明は簡単である。死体がない。三十万人も殺したというならそれに相応しい大量の白骨が出土しなくてはならない。逆に中国政府にとってこれほど証明の容易いものはない。大量の白骨を南京もしくはその周辺から掘り出せば良いのである。中国の死生観において墓所に埋められていない人骨を掘り出して、改めて埋葬することは何らやましいことではなく、むしろ賞賛に値する行為である。なぜ中国政府はこの一石二鳥の方法を実行しないのか。理由は改めて述べるまでもない。

    何? 長江に流した? 三十万人も長江に流したら如何に広い長江といえども死体が河面を埋め尽くす。目撃者の数が半端なく多いはずだが、そんな目撃証言はない。第一、日本をあげつらうので必死だった東京裁判でも黙殺された事件について何を言っているのだ。日本はそんな事実はないと毅然として反駁し、客観的で合理的な証拠の提示を求めれば良い。

    なお、元日本兵で虐殺を証言したとされる連中が少数存在するが、当然「洗脳」を受けている。日本政府は当人の履歴を確認し、中国共産党軍に捕虜とされていた時期がないか確認すべきだ。

    当時の国民党政府は統治能力が皆無で全国の治安を確保できなかった。むしろ、国民党政府軍による掠奪が至るところで起こっており、日本軍の南京入城はむしろ歓迎されていたのである。なぜそんなところで虐殺など行わなくてはならなかったのか。これも合理的説明はない。当たり前である。虐殺自体存在しない妄想なのだから。

    尤も当時中国軍は「便衣兵」を駆使していたからその掃討は指令されている。「便衣兵」とは民間人=非戦闘員のふりをして民間人に紛れ込んで戦闘行為を行うものであり、日本軍はこの掃討に非常に苦労している。中国側が虐殺の被害者として具体的に申してているのは、まずこの「便衣兵」であると断定してよい。当時のハーグ陸戦条約では「便衣兵」のように非戦闘員を偽装する者を戦闘員と認めていないから、これをどのように排除しても合法である。

    さらに「南京大虐殺」の証拠とされる写真類について、少なくない数の写真が捏造または中国軍自身の残虐行為の写真であることがわかっており、すべての写真について「南京大虐殺」と関係があることを証明することが求められる。これらの写真類については「南京大虐殺」と無関係とする反論には再反論しているが、「南京大虐殺」と明確に関係ありと証明された写真が一枚も存在しない。幻に写真があるわけないのだから当然ではあるが。

    次に、韓国はまず「日本」と交戦した事実はないことを広報によって知らしめるべきである。韓国の若者は朝鮮戦争を日本対韓国、中国、アメリカの戦争であったと妄想を逞しくし、戦勝国であったという幻想に酔っているようだが、無論そんな事実はない。第二次世界大戦中、朝鮮は日本に併合されていたのであり、むしろ日本軍として連合国と戦いたがった。それが事実である。

    「慰安婦問題」については説明を行うことすら馬鹿馬鹿しいので、当時売春は合法な商売であり、日本軍はその健康管理や労働実態を管理したが、日本軍自体がその募集に関与した証拠は全く存在しない。全て民間業者によって募集されている。朝鮮に悪質な業者がいたことは事実であり、娘を騙して慰安所に押し込んだ例もあっただろうが、それは軍の責任ではない。とだけ言っておく。なお、「慰安婦問題」も、本人証言だけしか証拠と呼びうるものはなく、しかもその本人が詐称している可能性が高い。軍が関与していたと言うなら、客観的かつ合理的な証拠が必要であるが、もちろん彼らにそんな理屈は通用しない。

    この件に関してはアメリカに飛び火しているので、駐米大使を召還し、なぜ事態を静観していたのか厳しく詰問すべきである。無論知らなかったは通用しない。情報収集は大使の重要な職務である。やみくもに反論しても泥仕合になるだけなので、アメリカの反韓輿論が盛り上がる気配をキャッチして、これもまた毅然として不当な名誉毀損であると主張すれば良い。そのような機会は韓国および韓国出身者自身がいくらでも提供してくれる。

    そもそも韓国は現在進行形で売春婦を海外へ八万人「輸出」している。うち五万人が日本で稼いでおり、主要な輸出先である。2011 年 12 月 9 日の「韓国経済新聞」で「男性連帯という民間団体の推計では(韓国の売春婦は)189 万人」となっている。海外へは八万人という数字は過小に見積もりすぎたものとしか思えない。韓国の性産業は、GDP 比で言うと、5% を越える一大産業なのである。つまりは、同じ事がかつてもあったというだけのことに過ぎない。馬鹿馬鹿しすぎてため息が出る。

    この件に関して、Wikipedia の英語版における「Comfort women(慰安婦)」の項目は、編集が韓国人の恣意に任されていて日本人の編集だとわかると即座にキャンセルされてしまう。日本政府は、韓国政府および Wikipedia 財団に日本の名誉を著しく毀損したことをもって謝罪と賠償を求める、もしくは、Wikipedia 財団については悪意をもって日本の名誉を傷つけたとして、日米両方で提訴すべきだ。この名誉毀損は GDP に少なからぬ影響を与えていると思われることから、100 億ドルくらい請求しても当然ではなかろうか。

    最後に、日本は第二次世界大戦で行った過ちを悔い、これを繰り返さないことを肝に銘じているが、同時に「中国」と「韓国」が何をしたかも肝に銘じている。そう。肝に銘じている。

    Post to Twitter Post to Digg Post to Facebook Post to LinkedIn Post to Reddit

  • ネトウヨとは何か?

      0 comments

    答え:ネトウヨなどいない。Q.E.D.

    最近、友人連中と話をしていると「ネトウヨ」とか言うんだっけ? と問い返される機会が増えている。それも大学時代の友人からも聞かれたので、正直がっくりきた。私はコミュニストに近い思想の持ち主である。しかし現実の共産主義者は独裁主義者であり全体主義者であり、故国を破壊して顧みないので激しく嫌悪している。正直、あんな腐った連中に共産主義を標榜しないでもらいたい。

    かつてマルクスの資本論や他の著作を読んで、その史的唯物論にある種の感銘を受けた。ただ、史的唯物論は参考にしたけれども、結局彼は資本と賃労働の間の矛盾がますます大きくなり、この矛盾が資本主義の「弔いの鐘」となるとしたところで認識が尽きた。それは時代の認識に制約されたためであるが、自らも極貧の中で過ごしたマルクスは、心底資本主義を憎んでたんだなあと行間から読み取った。

    信じない人もいるのだが、私は資本主義が嫌いである。資本主義は最終勝者を生みだし、必然的に市場の寡占、独占へと進む。もちろん各国それに対して手を打っていて、厳しく監視しているが、構造上一部の商社が富を集積し、大多数は何とか暮らしていけるだけの社会を変えなくてはならないと思っていた。だがそれは観念的に理論を口にするだけで実現できることではない。歴史の流れは広大かつ雄大である。それは必然によって流れを変え、法則に支配されている。

    全共闘世代が熱中したコミューンは、私益が前提の社会に共同体を作ろうという運動として始まったが、現実の社会圧の前にもろくも崩れ去った。私も共同体を作りたかった。だがそれは弱者の避難所であってはならず、私益を徹底的に排除しながらも、安心して子供を産み育て、そして安心して死んでいける組織でなくてはならない。レーニンを皮切りに共産主義革命が次々と起きたが、ほとんどの国は、皇帝が書記長と名前を変えただけのシステムしか生み出さなかった。それはマルクスの理論の中にはない、本来ありうべき姿ではなかった。マルクスはそれを見る前に死んだが、多くの人が裏切られたと思っただろう。私もその理論と現実の乖離に不審を抱いた一人だった。

    悩み続けているうちに大学は留年し、しかしそんな人間でも拾ってくれる会社があったので就職した。共同体経営を標榜していたが、結局、個人個人の私益性をどうにかしないと共同体建設は不可能であることを悟った年月であった。私益の本質は何で、これを人類から取り除くためにはどのような手を打たねばならないのかを考える必要に迫られた。その会社で歴史認識に関する勉強会が始まった。多くのことを学ばせてもらったと思う。社会を規定しているのは、最も基盤に近いところにある婚姻制度であり、これを通じて社会通念が発生し、常識として定着し、人々を縛っていく過程も学んだ。結局身体を壊してドロップアウトしたが、非常に示唆に富んだ年月であった。私の認識はこの頃に鍛えられている。

    そこで、一人になって考えたのは、その理論がどこまで正しいのかということであった。私が欲しいのは共同体組織であって、有象無象の営利企業ではない。そこでかつての共同体がどのように変質させられ、破壊されていったかを改めて日本の歴史から始めて縄文時代から現代に至るまで婚姻様式がどのように変遷し、風俗がどう変わってきたかを調べることで考察しようと考えた。歴史を知らぬ者に未来を語る資格はない。時間がかかったが、その成果物が『日本婚姻史概説』である。

    外部からの目も重要である。そこで古代中国の正史に目をつけた。歴史学者なら常識として知っていることも高校、大学で学んだ程度の知識しかなくてしかもあやふやだった。今現在日本に関連する部分だけでもと思い、せっせと読んでみた(翻訳しているとはとても言えない)。それが『中国正史に見える古代日本』である。次は『古事記』『日本書紀』は最低限押さえた上で、他に読める文献があれば、読みたいと考えている。正しい歴史の認識なくて未来を導き出すことは不可能であるばかりか、先人と同じ轍を踏む可能性が高い。

    古代ばかりが歴史ではない。しかし平安時代以降の文献は専門家でも解読すらできない文章の集積である。素人が手を出して何とかなるものではない。ネットや書籍をあさりながら、できる限りのことをするつもりであるが。

    無論、中世、近世、近代と進めるつもりである。その時の日本人が何を考え、どう生きていたのかを知り、また元寇といった朝鮮が手先となって(朝鮮はフビライ・ハンに日本を侵略しろと唆している)元が攻めてきたことの真相も考察したい。朝鮮民族に骨の髄までたたき込まれている事大主義とそれに基づく裏付けのない尊大な態度は既にこの頃から見えるのであり、今や民族の執念となっている。朝鮮は自分の悪事は隠し、敵国を誹謗中傷するが、その体質は既に高麗王朝(西暦918年〜1392年)から始まっている。三国史記などを読むと都合の悪い記録は除外し、自分たちが勝った戦いだけが記録されている。そう歴史の捏造はそんな昔からお手の物だったのである。新羅=朝鮮は「新羅の入寇」(西暦811年から新羅が滅亡する935年まで)と言って、元寇(文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、弘安の役(こうあんのえき・1281年))に先立って日本を侵略している。元寇では、フビライ・ハンに日本を侵略することを勧めただけでなく、率先して軍備を整えている。奴らが侵略主義者であることは、竹島の例を見てもわかるが、それは歴史的なものである。

    近代史に至ってはマスゴミ、サヨクの捏造オンパレードである。あまりに多すぎて教科書はまったく信用できない。本当にウソが書いてあるからである。戦争を煽ったのは朝日新聞である。戦争をしぶる政府に国民を扇動して戦争を決意させたのだ。つまり本当の戦犯は朝日新聞に代表されるマスゴミなのである。しかも当時の日本はABCD包囲網により資源が手に入らず、自滅したくなければ南洋に出るしかなかった。すなわち、負けるとわかっていても戦争に踏み切らざるを得なくされていたのである。こういった正しい歴史を発掘し、胸を張って日本はやれるだけのことをやりきったのだという自信を子供たちにつけなくてはならない。日教組は売国奴に堕し、害悪になっている。公務員の団結権はこれを取り上げるべきである。もともと公僕なのだから労働組合など必要ない。非合法団体に指定すべきだ。

    現代に至っては中韓は放言し放題である。これを牽制し、押さえ込むのが外務省の存在意義であり、外交官の使命である。日本の利害に直接絡むことは徹底的に潰さなくてはならない。ところが在米公館にしても、ヨーロッパやその他の国でもパーティばかりやって本務をおろそかにしている。外務省こそ国賊の巣かも知れない。

    繰り返すが、私は共同体思想の持ち主である。誕生から成長、婚姻、老い、死を包摂する共同体は、惣村の解体によって失われてしまった。その惣村さえ、古代の氏族共同体に比べれば非常に私益的である。一日も早く、腐れサヨクどもを殲滅し、真の共同体建設に向かって人類は進まなくてはならない。このままでは共倒れが待っているだけである。

    Post to Twitter Post to Digg Post to Facebook Post to LinkedIn Post to Reddit

Top