• 南京事件について – 反省

      0 comments

    ひょんなことから、以下のサイトの存在を知った。今更かよ、と思われても仕方ない。不勉強を恥じるばかりである。

    南京事件-日中戦争 小さな資料集

    事実がよく整理されており、必見のサイトである。よくある問題点も整理されており、南京事件の実在について丁寧に議論されている。思想の左右はあれども、諸氏はまずこのサイトを読んで、しかる後に事実に基づいて議論されたい。

    おいおい、お前さん、「歴史を捏造する中国と韓国」という記事で「まずは中華人民共和国。代表は「南京大虐殺」。私は、本多勝一『中国の旅』も読んだが、南京大虐殺に関する部分はすべて本人証言だけで構成されており、悪意を以て日本を貶めようとした書であると断定する。この本は中国の南京大虐殺プロパガンダの引き金となった本であり、これだけで朝日新聞社は日本国民に対して謝罪と賠償を行った上で、国際社会に対して弁明を行う責任があるが、知らん顔をしている。さすが、日本を第二次世界大戦へ大衆を煽り駆り立て戦意を高揚させておきながら、GHQ のお咎めを受けることを畏れて軍部に全責任をなすりつけた無責任新聞社だけある。」
    と論難してたじゃないか。とご批判があろう。粛々と受け入れる。

    当該記事はミスをごまかすことのないよう無修正でそのまま残す。ただし、『中国の旅』に関する評価は別に変えない。

    Post to Twitter Post to Digg Post to Facebook Post to LinkedIn Post to Reddit

Top